自動車保険見積もり比較ランキングは人気の自動車保険のランキングや自動車保険の保険料を格安でゲットする方法を紹介するサイトです。

自動車保険の保険料を安くする方法

car2128_128自動車保険の保険料は、保険会社によって大きく異なるのです。

実際に同じ条件で大手保険会社20社に見積もりを取ってみたところ

  • 一番安い自動車保険 :  81,960円
  • 一番高い自動車保険 : 242,280円

その差は約3倍、年間16万円もの差が出てきてしまっているのです。

これでも、「自動車保険なんて、どこで選んでも同じでしょ?」って言えるのでしょうか。しかも、これは全く同じ見積もり条件なのです。

なぜ、保険会社によって保険料がこれだけ違うの?

自動車保険の保険料というのは、事故が起こる割合に応じて決まる「純保険料」と保険会社の利益や運営コストなどが含まれる「付加保険料」の合算で決まっています。

自動車保険の保険料 = 「純保険料」 + 「付加保険料」

「純保険料」は、同じ事故率を元に計算されているので、保険会社によってほとんど同じ保険料になります。

差が出てくるのは「付加保険料」です。

これは保険会社の経費や利益が含まれているので、利益を多く取ろうとする保険会社の自動車保険の保険料は高くなりますし、コストが大きい保険会社の自動車保険の保険料は高くなるのです。

とくに最近人気が高い通販型の自動車保険は、店舗を持たないこと、代理店を使わないこと、インターネットを駆使することなどから、会社の運営コストが大きく削減できるため、自動車保険の保険料も格段に安く提供してくれるのです。

実際に同じ条件で見積もりを取ってみると通販型の自動車保険は代理店型の自動車保険の約半額という結果になっているのです。

  • 代理店型(従来) : 100%
  • 通販型(ダイレクト型) : 52%

保険料は保険会社の形態によって2倍ほど差が出てくる

自動車保険の保険料は、見積もり条件によっても異なる!

保険会社によって、自動車保険の保険料が違うことは説明しましたが

自動車保険の保険料は見積り条件によっても、保険料が変わってくるのです。

自動車保険の保険料は事故率と大きな関係があります。

例えば

日常のレジャーで使う方と通勤通学で使う方の場合、保険料は16%高くなってしまいます。

日常のレジャーで使う方が、通勤通学で使うケースよりも事故率が高い過去のデータがあるからなのです。

日常のレジャー利用であれば、土日祝日が主な利用であるのに対して、通勤通学の場合には平日が主な利用になってくるため、単純に車に乗る回数が多くなるから事故に会う確率も大きくなってしまうのです。

自動車保険の保険料を安くするためには、見積もり条件を吟味する必要があります。見積もり条件による保険料の違いは、下記に実際にとった見積もり額を元に記載しているので参考にしてください。

結局、一番安い自動車保険を探すのには全部に見積もりを取るのが確実!

自動車保険の保険料というのは、会社によっても、見積もり条件によっても異なるのです。

つまり、「○○保険が一番自動車保険の保険料が安いよ。」ということを言い切ることはできないのです。

そんな中で、一番安い自動車保険を探すのであれば、主要な保険会社すべてから自動車保険の見積もりを取ってみるのが一番確実な方法と言えます。

同条件で取得したすべての見積もり中でいちばん安い保険会社を見つければ良いだけだからです。

「でも、20社から見積もり取るなんて、非常にめんどくさい」

安心してください。たった1~2分だけで良いのです。

今では、自動車保険の見積もりを取るのに1社1社見積もり依頼をする人はいません。ほとんどの方は一括見積もりサービスを利用して、一回の申込みフォームの入力で20社ほどの自動車保険会社から見積もりを取っているのです。

まとめ

一番安い自動車保険を探す方法は

  1. 一括見積もりサービスを利用して
  2. 同じ条件で20社以上の保険見積もりを取り(所要時間は1~2分)
  3. その中で一番安い保険会社にする

というのがおすすめの方法なのです。

毎年、自動車保険の保険料というのは各社見直してしまうので、更新のたびに見積もりを取りなおしてみることをおすすめします。

おすすめの自動車保険見積もり方法

自動車保険は見積もり条件によって、一番保険料が安い保険会社が変わってきます。

サービス名インズウェブ保険スクエアbang!ズバット自動車保険楽天自動車保険一括見積もり比較.com
人気ランキング1位2位3位4位5位
サービス名
インズウェブ

保険スクエアbang!

ズバット自動車保険

楽天自動車保険一括見積もり

比較.com
保険料軽減の平均額26615円25000円-13000円-
利用者数700万人超310万人超---
顧客満足度93.8%----
信頼性東証一部上場SBIグループマザーズ上場マザーズ上場東証一部上場楽天グループマザーズ上場
入力目安5分5分5分5分5分
取扱い自動車保険会社数22社20社20社14社8社
アクサダイレクト
アメリカンホーム・ダイレクト-
イーデザイン損保-
セコム損保--
ソニー損保-
チューリッヒ-
三井ダイレクト-
そんぽ24-
SBI損保-自動車保険
セゾン自動車火災-自動車保険-
エース保険-自動車保険----
ゼネラリ-自動車保険--
あいおいニッセイ同和-自動車保険-
朝日火災-自動車保険-
共栄火災-自動車保険--
損保ジャパン-自動車保険-
東京海上日動-自動車保険-
日新火災-自動車保険----
日本興亜損保-自動車保険--
富士火災-自動車保険
三井住友海上-自動車保険
AIU保険-自動車保険-

自動車保険は見積もり条件によってこんなに保険料が違う!

実際に条件を変えながら自動車保険の見積もりを試算!条件による保険料の違いの平均を比較してみました。

自動車保険の保険料の違い

  • 自動車保険の保険料の違い

    同じ条件で自動車保険を見積もりしてみると・・・

    • 一番安い自動車保険:  81,960円
    • 一番高い自動車保険:242,280円

    その差は約3倍、年間16万円

    同条件での見積もり結果比較

    自動車保険の保険会社は複数社を比較しなければ大きな損をしてしまう可能性があるのです。

    自動車保険一括見積もりサービス

通販型と代理店型の保険料比較

  • 通販型と代理店型の自動車保険保険料比較

    自動車保険は従来の代理店型の保険会社と通販型(ダイレクト型)の保険会社があります。自動車保険の保険料はどう違うのでしょうか?

    • 代理店型(従来) : 100%
    • 通販型(ダイレクト型) : 52%

    通販型の保険料は代理店型の5割引

    通販型(ダイレクト型)の自動車保険を選ぶ

    通販型(ダイレクト型)の保険会社の保険料が圧倒的に安い結果です。無駄なコストを排除した通販型(ダイレクト型)の自動車保険を選びましょう。

    自動車保険一括見積もりサービス

使用目的での自動車保険の保険料比較

  • 使用目的での自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は使用目的で違います

    • 日常レジャー : 100%
    • 通勤・通学  : 116%
    • 業務使用   : 186%

    平均値で約1.8倍も保険料が違うのです。

    使用目的別の自動車保険の保険料比較

    どの保険会社も同様に使用目的によって保険料は違うのですが、保険会社によってこの割合は大きくことなります。見積もり条件によって一番安い自動車保険というの変わるのです。

    自動車保険一括見積もりサービス

免許証色別の自動車保険の保険料比較

  • 免許証色別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は免許証の色で違います。

    • グリーン   : 100%
    • ブルー    : 100%
    • ゴールド   : 91%

    平均値で約1割ほどゴールド免許だと保険料が安くなっています。

    免許証色別の自動車保険の保険料比較

    グリーンとブルーでは保険料には違いがあります。保険料を安くするためにはゴールド免許を取得することが近道のようです。

    自動車保険一括見積もりサービス

対象運転者別の自動車保険の保険料比較

  • 対象運転者別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は保険の対象になる運転者の範囲によっても違います

    • 本人      : 100%
    • 本人+配偶者  : 104%
    • 本人+同居家族 : 118%
    • すべての方   : 125%

    平均値で約1.25倍も保険料が違うのです。

    対象運転者別の自動車保険の保険料比較

    本人と配偶者までは大きく保険料は変わりませんが、対象が子供を含む家族になると保険料が大きく増加します。

    自動車保険一括見積もりサービス

契約者年齢別の自動車保険の保険料比較

  • 契約者年齢別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は契約者の年齢によっても変わってきます。

    • 20歳   : 364%
    • 30歳   : 100%
    • 40歳   : 100%
    • 50歳   : 106%
    • 60歳   : 109%

    平均値で約3.64倍も保険料が違うのです。

    契約者年齢別の自動車保険の保険料比較

    20歳が一番保険料が高くなり、30歳、40歳が安く、50歳、60歳で再び1割程度保険料が上がります。

    自動車保険一括見積もりサービス

補償対象者年齢別の自動車保険の保険料比較

  • 補償対象者年齢別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は保険対象になる運転者の年齢によっても変わってきます。

    • 30歳以上補償   : 100%
    • 26歳以上補償   : 101%
    • 21歳以上補償   : 167%
    • 年齢を問わず補償 : 364%

    平均値で約3.64倍も保険料が違うのです。

    補償対象者年齢別の自動車保険の保険料比較

    26歳以上であれば大きく保険料は変わりませんが、21歳以上、年齢問わずと年齢が低くなると2倍、3倍以上の保険料に急上昇してしまいます。

    自動車保険一括見積もりサービス

セカンドカー割引の自動車保険の保険料比較

  • セカンドカー割引の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の保険料は他に保険契約中の車を保有している場合にセカンドカー割引が利用できるケースがあります。

    • セカンドカー割引なし : 100%
    • セカンドカー割引あり : 71%

    セカンドカー割引で約3割も保険料が安くなります。

    セカンドカー割引の自動車保険の保険料比較

    セカンドカー割引を採用している保険会社と採用していない保険会社があるため、他に保険契約中の車があるのであれば、セカンドカー割引を採用している自動車保険を選ぶと良いでしょう。

    自動車保険一括見積もりサービス

車両保険別の自動車保険の保険料比較

  • 車両保険別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険では事故のときに自分の車の修理代を補償する「車両保険」を付けるかどうかでも保険料が変わってきます。

    • 車両保険:一般型 : 100%
    • 車両保険:車対車+限定A : 61%
    • 車両保険:なし : 33%

    「車両保険」を外せば保険料は3分の1になる

    車両保険別の自動車保険の保険料比較

    「車両保険」は保険料の大きな部分を占める補償です。「車両保険」のありなしで約8万円ほども保険料が違ってくるのです。しかし、それだけ登場機会の多い補償とも言えるのです。保険料を安くしたい人は、補償を限定するタイプの「車両保険」をおすすめします。

    自動車保険一括見積もりサービス

搭乗者傷害保険別の自動車保険の保険料比較

  • 搭乗者傷害保険別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険では登場した人の治療費や入院費、死亡、後遺障害時の保険金によって保険料が変わってきます。

    • 傷害一時金:× : 100%
    • 傷害一時金:○。500万円 : 101%
    • 傷害一時金:○。1000万円 : 102%
    • 傷害一時金:○。2000万円 : 103%

    死亡保障は低額にしても搭乗者傷害保険は加入すべき

    搭乗者傷害保険別の自動車保険の保険料比較

    「搭乗者傷害保険」は保険料には大きな影響はありませんが、家族や友人を乗せていた場合の事故に対して保険金が支払われるため、万が一のことを考えるとは言っていた方が良い保険と言えます。他人に対しての損害という意味では重要な保険と言えるでしょう。

    自動車保険一括見積もりサービス

対物賠償別の自動車保険の保険料比較

  • 対物賠償別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険では事故のときの相手方への補償として「対人賠償」「対物賠償」というものがあります。「対人賠償」は無制限にすることが常識ですが、「対物賠償」はどうすれば良いでしょうか?

    • 対物賠償:無制限 : 100%
    • 対物賠償:1億円 : 100%
    • 対物賠償:3000万円 : 100%
    • 対物賠償:2000万円 : 99%
    • 対物賠償:1000万円 : 99%
    • 対物賠償: 500万円 : 99%

    「対物賠償」の保険額を減らしても保険料は変わりません。

    対物賠償別の自動車保険の保険料比較

    「対物賠償」の保険額を減らしても保険料は1.0%しか安くなりません。「対人賠償」「対物賠償」ともに無制限というのが基本なのです。

    自動車保険一括見積もりサービス

人身傷害の補償別の自動車保険の保険料比較

  • 人身傷害の補償別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険の人身傷害補償は「あなた(家族含む)」「同乗者」が事故のケガによって生じた損害を補償するものです。補償内容によってほけんりょうが変わります。

    • 車内のみ:3000万円 : 100%
    • 車内のみ:1億円   : 102%
    • 車内+車外:3000万円 : 101%
    • 車内+車外:1億円  : 105%
    • 傷害一時金あり    : 102%
    • 死亡・後遺障害あり  : 103%

    人身傷害補償を手厚くしても保険料は大きくは変わりません。

    人身傷害の補償別の自動車保険の保険料比較

    人身傷害補償は手厚くしても、保険料はあまり変わりません。ただし、逆に言えばそれだけ出番の少ない補償ともいえます。生命保険などとの補償の重複に気を付けながら比較検討しましょう。

    自動車保険一括見積もりサービス

走行距離別の自動車保険の保険料比較

  • 走行距離別の自動車保険の保険料比較

    一部の自動車保険の保険料は1年間の予想走行距離によって変わってきます。

    • 3000km以下   : 100%
    • 5000km以下   : 106%
    • 7000km以下   : 110%
    • 9000km以下   : 120%
    • 11000km以下   : 125%
    • 16000km以下   : 147%
    • 無制限      : 153%

    最大で1.5倍ほど走行距離によって保険料が増加します。

    走行距離別の自動車保険の保険料比較

    走行距離で見積もりが変わる保険会社は多くありませんが、走行距離が少ない方は走行距離の条件選択が可能な自動車保険を選ぶと保険料が安くなる可能性があります。

    自動車保険一括見積もりサービス

特約別の自動車保険の保険料比較

  • 特約別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険には様々な特約があります。特約ごとに保険料が変わってくるため、必要な特約を見極める必要があります。

    • 特約なし : 100%
    • 対物差額修理費用補償特約 : 101%
    • 自宅・車庫等修理費用特約 : 101%
    • 全損時諸費用保険金特約 : 101%
    • ファミリーバイク特約 : 117%
    • 自転車事故補償特約 : 103%
    • 弁護士費用等補償特約 : 102%
    • 車内外身の回り品補償特約 : 103%
    • おりても特約 : 102%

    特約は一つ一つは少額でも積み重なると高額に

    特約別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険一括見積もりサービス

等級別の自動車保険の保険料比較

  • 等級別の自動車保険の保険料比較

    ノンフリート等級別の自動車保険の保険料の割引率を比較。はじめての方は6等級。無事故で1年間継続すれば1等級アップ。事故があるとダウンします。

    -無事故係数事故有係数
    適用開始2015年10月1日2013年10月1日
    20等級-63%-44%
    15等級-51%-33%
    9等級-43%-22%
    8等級-40%-21%
    7等級(F)-30%-20%
    6等級(F)-19%-19%

    事故有となしで20%ほど割引率に差があります。

    ノンフリート等級別の自動車保険の保険料比較

    自動車保険一括見積もりサービス


PAGETOP
Copyright © 自動車保険見積もり比較ランキング All Rights Reserved.